お葬式とお通夜・告別式

お葬式でよく耳にするお通夜や告別式という言葉について紹介します。それぞれでまったく意味合いも異なってくる用語なので知っておくと役立ちます。お通夜というのは、夜を通して故人を見送る、という意味合いが込められています。ただ、最近ではお通夜に弔問客を招く、というスタイルが増えてきています。これは、仕事終わりに参列ができるようにするためです。主に18時頃からお通夜が始まることが多いです。

本来のお通夜の意味は、家族や親しい人が遺体のそばで一夜を明かすというものでした。故人を慰める儀式として行われていたのが一般的です。最近は、このお通夜の意味合いも大きく変わってきていて時代の流れとともに多様化しています。喪主は、弔問客の対応、通夜振る舞いでは弔問客を接待してお通夜の日になると忙しくなるケースが多いです。

お葬式の喪主になったとき、お通夜の準備で大事なポイントは以下の通りです。供花、供物の確認をします。受付係と打ち合わせをしてお通夜の準備、席次の確認、葬儀社と進行の打ち合わせをします。僧侶に挨拶をします、会葬礼状や返礼品の確認をします。この6つが主なポイントです。供花や供物の順番の確認はよく忘れがちなので注意が必要です。告別式の準備では、火葬場への同行者の確認と精進落としの料理の確認、そして心付けを準備します。